JCメンバーインタビュー

株式会社オークスルー
代表取締役社長 奥住 健

月並みではありますが、生涯付き合える仲間、友達、先輩は通常、学生時代に出会うものですが、JCは40歳までなら、生涯付き合える仲間に出会えるという点が、一番の良かったところです。基本的に、みんなの共通の思いは地域、地元に貢献し、より良い地域をつくっていく事であり、同じ目的に向かって同世代が協力しながら、新しい人間関係を築き、生涯付き合える仲間になっていく。素晴らしいと思います。

それと、先輩(OB)との関係です。様々な件で、相談や協力をお願いすることがあります。その時、JC であると、初めて会う先輩も大変快く受け入れていただきます。

JC の繋がりに感謝です。

ファイナンシャルアドバイザー 藤田 誠

私が武蔵野青年会議所に入会したきっかけは会社の上司の紹介でした。

中半、命令のような形で入会をしたことが今ではとても懐かしい思い出です。 入会申込時に事務局を訪れた際、とても衝撃的なことがありました。そこには東日本大震災の支援物資が詰まった段ボール箱が大量に積みあがっていたのです。

この団体は何なのだろう?ということが第一印象でした。

入会して、新人として様々な機会、関東地区大会・アカデミー・全国大会など衝撃的な設えの大会を経験することができました。当時は規模の大きさに圧倒され、ただ参加するのみではありましたが、仲間と参加する各種大会は新鮮そのものでした。恐らく、自分で単なる旅行として同じ場所へ赴いたとしても同じ体験はできません。しかも、その各種大会は私と同じメンバーが設営から実行まで行っているという話を後日聞いたときはとても驚きました。

青年会議所として活動できることのスケールメリット、他団体ではなかなかできるものではありません。そのようなものを身近に体験できることは、青年会議所の魅力です。

そして、青年会議所では様々な出会いがあります。まずは同じLOMでの出会い。東京ブロックでの出会い、関東地区、日本青年会議所と出向を経験することで、様々な仲間と出会うことができる。これは青年会議所の最も魅力ではないでしょうか。同じ志を持った日本全国そして世界中の仲間とのふれあいは青年会議所でなければ経験できません。20歳から40歳までという限定された年代の仲間、仕事も立場も違うメンバーとの触れ合いはい一生の付き合いに繋がります。共に同じ目標に向かって運動を行うなかで芽生える友情はかけがえのないものです。

青年会議所の魅力はまだ言いきれないことがあります。そして私自身これからまだまだ学ぶことも多くあります。ともに、様々な経験ができることをご期待しております。

ヤシマ工業株式会社
常務取締役 西松みずき

私は様々な業界の人とのネットワーク作りや一人でも多くの仲間に出会えることが、一生の財産となり、自身の成長に繋がることを期待し武蔵野青年会議所に入会しました。 まだまだ入会して間もない私ですが、既に自らの交友関係の範囲内では絶対に出会うことがなかったであろう沢山の人との出会いがあり、大きな刺激となって、自身のモチベーションに繋がっております。 また、様々な業種や業界の話しも伺うこともでき、同業界内での井の中の蛙になってはいけないと、考えさせられる機会も多いです。 今後とも、様々な分野にネットワークがある青年会議所の強みを生かして、大きな視野や志をもって邁進していきたいと思っております。


TOP